気づいているか!?我々は洗脳を受けている



突然ですが、

みなさんは、政界、財政界の重鎮と言われる

この方をご存知でしょうか?









安岡 正篤

(やすおか・まさひろ)






彼は、戦後日本の精神的指導者であり、吉田茂、岸信介、佐藤栄作

歴代総理も彼から教えを仰いだと言われています。

(《平成》という元号も彼が考案したと伝えられている)




安岡氏は、第二次世界大戦終結後、

GHQが日本の占領政策を実行するにあたり、

基本原則としての「3R」

重点的施策としての「5D」

そして補助政策としての「3S」

を策定したことをGHQのガーディナー参事官

より直接話しを聞いている。




加えて彼は、以下のように述べている。




ーーーーーーーーーーーーーーーー

『日本を全く骨抜きにするこの3R・5D・3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。日教組というものがその代表的なものであります。そのほか悪質な労働組合、それから言論機関の頽廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります。』


— 安岡正篤、『運命を創る―人間学講話』p.39 プレジデント社、1985年

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼が述べているように

日本人を骨抜きにする計画が

存在し、その洗脳を我々は受けているのです。




以下、アメリカGHQが戦後7年間の占領期間に

日本に行った政策のまとめです。

(今もその影響は我々を包み込んでいます)



今後の記事で、これらの政策の内容なども紹介する

ことがあると思いますので、

「へーこんなのあるんだな」程度に

思ってもらえればOKです。




【3R】基本原則

・復讐(Revenge)

・改組(Reform)

・復活(Revive)



【5D】重点的施策

・武装解除(Disarmament

・軍国主義の排除(Demilitalization)

・工業生産力の破壊(Disindustrialization)

・中心勢力の解体(Decentralization)

・民主化(Democratization)



【3S】

・スポーツ(Sprots)

・映画、テレビ等(Screen)

・セックス産業(Sex)


3Rの補助的政策で

「ガス抜き」政策ともいわれ

政治などへの関心を薄めたり

ストレスを発散させる目的がある



【WGIP】

(War Guilt Information Program)

戦争についての罪悪感を日本人に植え付ける政策




GHQは戦後、新聞やラジオで(テレビは無かった時代)

以下の30項目を報道するのを禁止しました

 

 ↓


1、連合国最高司令官司令部(SCAP)に対する批判

2、極東軍事裁判批判

3、SCAPが日本国憲法を起草したことに対する批判(

4、検閲制度への言及

5、合衆国に対する批判

6、ロシアに対する批判

7、英国に対する批判

8、朝鮮人に対する批判

9、中国に対する批判

10、他の連合国に対する批判

11、連合国一般に対する批判

12、満州における日本人の取り扱いに付いての批判

13、連合国の戦前の政策に対する批判

14、第三次世界大戦への言及

15、ソ連対西側諸国の冷戦に関する批判

16、戦争の擁護の宣伝

17、神国日本の宣伝

18、軍国主義の宣伝

19、ナショナリズムの宣伝

20、大東亜共栄圏の宣伝

21、その他の宣伝

22、戦争犯罪人の正当性および擁護

23、占領軍兵士と日本女性との交渉

24、闇市の状況

25、占領軍軍隊に対する批判

26、飢餓の誇張

27、暴力と不穏の行動の扇動

28、虚偽の報道

29、SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及

30,解禁されていない報道の公表


※《Supreme Commander for the Allied Powers》連合国軍最高司令官 マッカーサー



それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました^^


次回、5次元思考からの見方をご紹介いたします。


お楽しみに〜^^




5次元思考で見る世界のyoutubeチャンネルはコチラ

チャンネル登録お願いします^^

↓ (随時更新中!)

【Youtube5次元思考で見る世界】

5次元思考で見る世界

当サイトでは、3次元世界であなたが受けている洗脳を解き、高次元に進むキッカケやポイントを提供していきます

0コメント

  • 1000 / 1000