仕事ができる人を目指すな【これからの時代に求められる在り方】

仕事ができる人を目指すな

  【これからの時代に求められる在り方】





ココ数年、AI(人工知能)というワードを

良く耳にするようになりましたね。

テレビのニュースやネット記事、

新聞など様々なところで見かけます。




数多くの科学者や著名人が

AIについて議論し、今度来る未来について

想いを巡らせています。




我々は、AIとどのように共存していくのでしょうか。




今ある仕事の殆どがAIに任されるようになり

仕事を失う人が続出することでしょう。



タクシードライバー、工場のライン作業

スーパーのレジ打ち、飲食店のホールスタッフ


などなど、、、




単純作業を主とする職業は

速度や正確さ、そしてコスト面を

考えれば機械に任せるようになるのは当然ですね。




あなたの職業はどうでしょう?

20年後、30年後残っていると思いますか?



ちなみに、近年では

AIが動画を作ったり

小説を書いたりできるみたいです。




単純作業の仕事以外は奪われる心配はない

と思っていましたが、

将来クリエイティブな仕事もなくなる日が

来るのかもしれませんね。



(この記事の最後にAIが作った動画を載せてます)






ここで少し産業の発展を振り返ってみます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


18世紀に蒸気機関を使かったことで

機械化が進みました(第一次産業革命)


19世紀には電力を使うようになったことで、

大量生産が可能に(第二次産業革命)


そして20世紀半ばからコンピューターを使い

自動化が始まり(第三次産業革命)


今、この我々が生きる時代に

AIが発達して本格的に自律化

スタートし始めました。(第四次産業革命)





まとめると


第一次産業革命【機械化】

 人の手から機械へ


第二次産業革命【大量化】

 少量生産から大量生産へ


第三次産業革命【自動化】

 指示を与えれば機械が自動で


第四次産業革命【自律化】

 指示を与えなくても機械が自動で




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




この第四次産業革命により

これから急速に産業の在り方が変わると予測されます。




このような話をすると

「自分の仕事が奪われるのではないか」

「リストラされてしまうのではないか」

と不安に思う方もいると思います。





このような時代で生きるあなたが、

目指し、高めるべき部分は何かを

今からお伝えします。










我々が目指すべきは、、、







体力がある!

仕事が早い!

作業が正確!


というような”仕事ができる人”ではありません。


(人間より機械の方が持久力、

  速度、精度が高いですから)










それは、、、










”「この人と仕事がしたい!」

   と思わせる人”です


そんな人が会社などでは生き残っていきます。




つまり、高めないといけないのは

人間力とでもいいましょうか。



コミュニケーション能力や

周りと調和する力、

楽しく、笑顔で仕事ができ、

一緒にいて楽しい人。



そんな人です。




誰が、

毎日愚痴をこぼしている人

ネガティブにしか捉えられない人

周りとコミュニケーションを取ろうとしない人

と仕事がしたいと思うでしょうか?






今のあなたは、一緒に仕事がしたいと
思ってもらえる人ですか?







《参考になるかもしれない記事》

この記事に書いている事が

できているなら一緒に仕事がしたいと

思ってもらえる可能性は高いと思います








こちらAIが作った動画

※悪夢のような恐ろしい動画です

特に夜に見るのはおすすめしません。


本当に怖く吐き気がします^^; ....



【Deep Dreaming Fear & Loathing in Las Vegas: the Great San Francisco Acid Wave】


それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました^^


5次元思考で見る世界のyoutubeチャンネルはコチラ

チャンネル登録お願いします^^

↓ (随時更新中!)

【Youtube5次元思考で見る世界】


5次元思考で見る世界

当サイトでは、3次元世界であなたが受けている洗脳を解き、高次元に進むキッカケやポイントを提供していきます

0コメント

  • 1000 / 1000